個人用火災総合保険『THE すまいの保険』
商品・補償内容

特約

その他特約とは?
■「建物電気的・機械的事故特約」
保険の対象である建物に付加された空調設備、電気設備、給排水・衛生設備、消火設備、昇降設備などについて、電気的・機械的事故(ショート、アーク、スパーク過電流、機械の内的要因による焼付けなど)により損害が生じた場合に補償します。補償の対象外となる機械設備等もありますので、詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。


※ 自己負担額は「不測かつ突発的な事故」の自己負担額と同じです。

※ 保険の対象に建物が含まれる場合にかぎります。
※ 自然の消耗、劣化等による損害に対しては保険金をお支払いできません。
※ この特約の対象の納入者が被保険者(補償を受けられる方)に対し法律上または契約上の責任(保証書、延長保証度に基づく製造者または販売者の責任を含みます。)を負うべき損害に対しては保険金をお支払いできません。


■「上乗せ協定再調達価額保険特約」
「協定再調達価額(*1)」と「他の長期保険契約(*2)の保険金額」との差額を上乗せして補償する特約です。


(*1)協定再調達価額とは、保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再築または再取得するのに要する額をいい、ご契約時にお客さまと損保ジャパン日本興亜で協定した金額のことです。
(*2)他の長期保険契約とは、価額協定保険特約およびこれに類似の特約をセットしない他の保険契約で、保険期間が1年を超えるもののことです。他の長期保険契約の詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。


■「法人等契約の被保険者に関する特約」

法人等(個人事業主を含みます。)が契約者となり、社宅等に居住する従業員等が所有する家財を保険の対象とする特約です。
本特約をセットした場合、入居者入替に伴う、解約・新規契約の手続きが不要となります。


※ 家財の新価(保険の対象と同一の質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに要する額)は、従業員の皆さが替わることによって変動しますので、適宜見直しが必要です。

 



【2015年(平成27年)101日以降始期契約は上記に加え以下の特約がセット可能です】


■「安心更新サポート特約」

保険期間が10年のご契約にセットできます。この特約には補償が途切れることのないように、ご契約を自動更新する機能(*1)がありますので、通知締切日(*2)までにお申し出がない場合は、満期日と同一の内容(*3)で自動的にご契約を更新することがあります。

 

(*1)通知締切日(*2)までに損保ジャパン日本興亜またはご契約者のいずれかより、「ご契約を更新しない」旨のお申し出がないかぎり、満期日と同一の内容(*3)で自動的にご契約を更新します。更新を希望されない場合は、通知締切日(*2)までに必ず取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までご連絡ください。


(*2)通知締切日は、下表のとおりご契約の満期日により異なります。

満期日

通知締切日

1日~15日

満期日の前月10日

16日~末日

満期日の前月25日

(*3)更新後のご契約では、補償内容、保険料、保険料の払込方法、保険期間等が変更となる場合がありますので、詳細につきましては「ご契約のしおり」でご確認ください。


 

■「借家人賠償責任総合包括契約に関する特約」

サービス付き高齢者向け住宅や、賃貸マンションなどの共同住宅の入居者の借家人賠償、修理費用を包括して補償できる特約です。

 

◆借家人賠償とは?

借りている戸室が偶然な事故により損壊した場合において、大家さんに対して法律上の損害賠償責任を負ったとき、その損害賠償金をお支払いします。(自己負担額はありません。)なお、損害賠償に関する示談交渉サービスは行いません。

 

◆修理費用とは?

借りている戸室が偶然な事故により損害を受け、大家さんとの賃貸借契約に基づき修理した場合または居住のために緊急的(*)に修理した場合に負担した修理費用を補償します。(自己負担額は3,000円です。)


※ ご契約いただく内容により、補償の有無が異なります。
※ 専用水道管の凍結に伴う修理費用は1回の事故につき10万円が限度となります。

(*)借りている戸室での居住が困難な状態から復旧するために応急修理が求められる状況をいいます。

 


■「臨時費用保険金限定特約」

臨時費用保険金をお支払いする事故を、火災、落雷、破裂または爆発に限定する特約です。

 


■「水災支払方法縮小特約」

水災の損害保険金支払方法を「実損払」から「損害割合に応じた3段階払」に縮小する特約です。

 


■「上乗せ協定再調達価額保険特約(共済契約用)」

協定再調達価額と他の長期共済契約の共済金額との差額を上乗せして補償する特約です。破汚損を補償する契約の場合は、建物電気的・機械的事故特約のセットも可能です。



※ご契約いただく主契約の条件などによっては、上記特約をセットできない場合もございます。なお、複数のご契約に上記特約をセットした場合、補償に重複が生じることがありますので、ご注意ください。各特約をセットしていただく条件や、補償内容の詳細につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。


この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。